2005年05月10日

若者

資格学校に行っていると思うことがある。
自分の働いている職場が、こういう学校の入ったビルだと

 嫌だろうなぁ。

ということ。

利用している人数が普通の会社とは比べ物にならないくらい多いし、当然トイレは混むし、エレベーターも混むし、しかもかなり若者が多くて、モラルが無くトイレ詰まらすわ、ところかまわずたむろっているわ、ビルの入り口でも平気でポイ捨てだとか、、、、、、

ホント邪魔だと思ってんだろうなぁ。


モラルといえば、これ

「席を譲らなかった若者」by.らくだのひとりごと様

内容は
〜電車で座っている若者に対して、ハイキング帰りの中高齢者があからさまに聞こえるように嫌味を言っている。それに対して若者が物申す。〜


多種多様なコメントが寄せられていて、色々な考えがあるるんだなぁと思うところだが、私としては、若者賛成派。

本来だと、お年寄りや具合が悪そうな人に席を譲るのは当然のモラル。モラルというのは「守るべきもの」であってつまりそれは当然の義務であると思う。私自身、ご老人には席を譲るよう心がけているし、寝ていない限りはそうしている。

ただこのケースだと、あきらかにこの中高齢者の方がモラルが無い。さらにモラルの捉え方を履き違っている。

人の目の前でズケズケと嫌味を言うんじゃなくて、直接言ってほしいものだ。

自分たちが遊んできましたっていう風貌で、実際足腰健常で(見た目じゃわからないかもしれないが)、譲ってもらうほどの年でもない。
おそらく、そういう非があって、直接言えないんだろう。



わがまま言っている子ども連れ、家族連れ とか 色々嫌味とか言ってくるジジババ、あからさまに駆け込み乗車してきたハイキング帰りのジジババ集団 などには絶対に譲りたくないものだ。(辛そうだったりしたら別だけど)

私は以前立ち仕事していたし、電車乗るときは大体1時間以上は乗ってるから、やはり座りたい。
「こっちは座るために1本乗り過ごしてまでしてるんだぞ!」って感じです。



基本的に元気印もしくは健常者には無理して席を譲ることはないでしょ。




にしても、最近の電車はほんとモラルが悪い。

私は電車にはあまり向いていないらしく、けっこう揉めることが多い。

わざと人の頭の上の手すりにつかまられたり、肘で突付かれたり、カバンで押されたり・・・

たいていサラリーマン相手にやられます。

みなさんもそういう経験はありませんか?みなさんが、もしそういう場面に遭遇したら、どう回避しますかね。

もし、もしもですよ。困ってしまったら・・・・その時はこう言ってやりましょう。


たとえば

◆もし2人分の席をドカっと占領しているオバタリアンがいたら

デブジャナイヨー。フッタリブンスワルナヨー。

ヨン様ばりの笑顔で凄んでみましょう。「アニョハセヨ」と言って喜んで席を詰めてくれるでしょう。


◆座っていて前の座席からデルタゾーンを覗いてくるスケベ芋には

どこみてんのよー!と青木さやかのように胸を隠して大股開いて言ってやりましょう。むしろ喜んでくれるはずです。


◆肘でグリグリしてくる暴力リーマンとかには

イタイイタイイタタタ!

と 横山弁護士風 に言ってみましょう。首にコルセット巻いて、裁判で勝てるでしょう。


◆車内で平気で携帯で話す奴。集団で騒いでる人たちには

はぁーいそこ、しずかにしてくださぁーい

武田鉄矢風に説教してみましょう。土手で胴上げされるかも。


◆クシで髪を梳かすアホ女や、子どもが座って外を見ているときに靴脱がさない親には

汚れるじゃないかー、ん〜訴えてやるぅ!

と、裸(ブリーフ1枚)になってダチョウの竜ちゃん の真似をしてみましょう。逃げていくから。でも、あなたもすぐに逃げてくださいね。捕まりますから



とこんな感じで上手く回避してくださいね。

※ただ、くれぐれもご自身の責任で。



エェー、コホンッ!(;-o-)o"


最後の方で、なんだか、こんなふざけた展開になってしまいました。

すいません。。。
posted by きゃべたろう at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ引越し

ブログを引っ越しました。
スタイルシートを色々いじってみたところ、結局納得行く形にできそうなので、ここに定着する予定です。

でも再構築するとき、けっこう重い。
posted by きゃべたろう at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

藤井隆と乙葉 結婚

リンク: @nifty:NEWS@nifty:藤井隆&乙葉、ラブラブ婚約会見!プロポーズは…(夕刊フジ).

びっくりしたよー、これは誰にも気づかれてなかったみたいだね。
posted by きゃべたろう at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

あやふや3

彼女との会話

きゃ「最中(もなか)おいしかったよ」

かの「どれがおいしかった?」

きゃ「えーっと、あの紫色のやつ」

かの「あ、クロトウね」


きゃ「そう、コクトウ(黒糖)」

かの「あ、そうね。」

posted by きゃべたろう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あやふや語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

NEWS@nifty:GW中の交通事故死123人、70年以降で最少(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:GW中の交通事故死123人、70年以降で最少(読売新聞).

こんなに人が亡くなっているんですね。「最少」といっても喜べる数字では無い。

この前JR福知山線の事故でたくさんの人が亡くなって、「すごい多いなぁ」と思ったのに、GWの期間中だけでそれを上回る人が亡くなるなんて。

ほんと気をつけなければなりませんね。


――にしても、JRはほんと次から次へと不祥事が絶え間せんね。企業体質自体がテキトーって感じ。
posted by きゃべたろう at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

雨振ってきた

午後から雨が降ってきた。
家を出るときは降ってなかったから傘を持ってなかった。

コンビニでガムとフリスクとビニール傘を買った。
最近のビニール傘はごわつかない。こういう小さなところで世界が進化してることに気が付く。


雨の日に室内から外を見るのは好きだ。
曇った空に、雨が窓ガラスを流れていくのを見たり、水たまりに次から次へと波紋が広がるのを見たり。

晴れると、車を走らせ、どこか遠くへ遊びに行きたくなる。


明日は晴れるかな。
posted by きゃべたろう at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

USEN

私の投資は 小額資金でコツコツと がもっとう。
できるだけの短期決戦でいきます。
目標は 2割の利食い、1割の損切り

 現在の保有株
  ●USEN(4842) ¥2,890×10株 3000円の大台突破と見て買い 利食い目標は3,400 損切り目安2,600
 
 現在の収支 (含み損益は含まず)
  5/6(金)現在  0円 

あせらずじっくり。。。
posted by きゃべたろう at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

こどもの日

今日は子どもの日

彼女に 男の子の節句 を頂きました。

「蜂の家」の5色の繭最中

(^o^)丿これがおいしいんだなぁ。


ほんで 加藤ローサちゃん のところにトラックバックしておきました。
posted by きゃべたろう at 22:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温泉

前に温泉に行った時のお話。
 
 
たしか時期は12月ごろか。彼女と2人で仲良く温泉。

降りしきる雪の中、目指すは群馬の宝川温泉

電車で最寄駅まで行き、そこからバスで山奥へ。さらにバス停から送迎のバスに乗って。

昼過ぎに、やっとの思いで着きました。
 
 
 
 
実はこの温泉は混浴
 
 
 
 
とっても広くて有名なところで、混浴の露天風呂が川をはさんで何個もあるところ。

しかも一つ一つが大きい。露天風呂が渓流をはさんで両サイドにあるので、まるでひとつの温泉郷です。

彼女も広ければそんなに気にならないだろうし、いざとなれば女性専用露天風呂もあるのでと行ってみることにしたんです。
 
 
  
 
浴衣に着替え、下駄履いて、カランコロンと露天風呂まで歩いていくわけですが、他に来ている人たちはカップルとか、家族連れ、老夫婦。

周りの山々は真っ白な雪景色に囲まれ、温泉の湯気が立ち込める。
 
最高じゃないですかぁー!!  
 
 
雪景色に露天風呂、しかも混浴(@_@)
 
 
本当に情緒あふれるよい所です。
 
 
私は基本的に「カラスの行水」で、長湯はしない(できない)んですが、ここではとても長い時間入っていられました。
 
 
 
 
 
その夜、私たちは食事を済ませ、再度温泉につかることに。
 
外は夜で気温が下がり、足元はツルツルです。気をつけなければなりません。
 
 
このときはまだ、この後起こる出来事など予想だにしておりませんでした。
 
 
 
 
 
ゴゴゴ・・・ (ジョジョ風)
 
 
 
 
 
露天風呂まで来てみると、夜は夜でまた違った感じ。ライトアップされていてとってもキレイです。

私たちは何個かあるお風呂のうちどこに入ろうか迷っていました。橋を渡って向こう側か、歩いてきて手前側のお風呂か。

この時間帯になると客層が変わったようで手前側のお風呂は、若いカップルもしっぽり浸かっていますが、それ以外に大学生のような若い連中も結構いてちょっとうるさそうです。

川向こうのお風呂では、慰安旅行なのか何なのか知らないが宴会あがりのおっさん達のグループが子供のようにはしゃいでいました。いい感じにできあがっているんでしょうか、ほんとアホのようにキャッキャキャッキャとさわいでます。

これはマジうるさそうです。


そんなわけで、彼女と2人、手前側のお風呂の前でどっちにしようか迷っていました。
 
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・ 


ちょうどそのとき
 
  
 
 
 
 
なんと!
 
川向こうにいたおっさん達が、我先にとこっちに向かって駆けて来るではないか!!

 
 
 
―――――――!しかも フルチンで!!


 
 
ゴゴゴ・・・・


ブルンブルン・・・・

 
 

雪の降りしきる中、凍る地面を、橋の上を走って来るではないですか!フルティンで!!

フルチンです。ふりちんです。フリーちんちんです。

 
 
まさに振ってます。集団で。 揺れています。イチモツが。
 
 

すべる地面を踏み締めながら、「俺のほうが先だぜ」と競争している姿は、80年代アイドルの運動会を思い出させました。
 
バックミュージックでアイドルが歌っていそうでした。
 
「まさに揺れてますぅ、イチモツがー♪」
 
 
 
 
彼女と2人で一瞬たじろぎましたが、避けようにも避ける場所が無いので、ちょうどカーブのところで立ち止まって観戦していました。


2人で拍手しながら。
 
 

外は雪が降り、地面は凍りついています。足元はツルツルです。
みんなツルツル滑りながらもがんばっています。

 
頑張っているなら、応援してあげなければいけません。

あったら日の丸を振ってあげたい感じです。
 
 
そんな中、私たちの横を先頭を切って駆け抜けたおっさんが言いました。
 
「おっ、ギャラリーが入るぞ。」
 
それにのって笑顔で手を振り駆け抜けていくおっさんもいました。
 
・・・・・・・・明らかに調子こいてます。
 
 
フリチンだけに飽き足らず手まで振ってます。

 
 
それだけでなく、カーブのところにいた私たちの目の前では、多くの人たちが――スッテンコロリン――転んでいました。
 
1人で転ぶ者もいれば、2,3人束になって組んず解れつ倒れゆく者も。

生まれたままの姿を惜しげも無く晒す勇者たち。
 
 

これこそまさにフリーちんちん ならぬ フリー肛門!!

 
 
 
否!! 水戸黄門 なり!!! 
 

 
 
この紋所が目に入らぬかぁー!!!    
 
 
 
 
 
そんな勇敢な姿を見せながら、彼らは嵐のようにやってきて、また嵐のように去っていきました。


ちなみに、その後の私たち2人はゆっくり温泉を堪能しました。
posted by きゃべたろう at 19:37| Comment(1) | TrackBack(1) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あやふや2

ある日仕事でパソコンを教えていると

Aさん「インストロールの仕方を教えてください」

きゃべ「わ、わかりました。インストールですね」

Aさん「そう、そのインストロール。」

きゃべ「・・・。」
posted by きゃべたろう at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | あやふや語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。