2005年06月12日

20世紀少年

 わたしは漫画をあまり見ないんです。毎週決まってジャンプ買ったりマガジン買ったりとかしてません。 電車の中なんかで読んだりもしません。よくいますよね、スーツ着て通勤中に少年誌とか読んでいる大人。あれ、恥ずかしいですよ。自分は、 読むなら弟の買ってきたのをトイレで読むか、もしくは立ち読みかぐらいです。
 でも、コンビニとか寄ったときなんかに、決まって見るものがいくつかあります。ここで、最近はまっている、気になる作品と、 そんな私の原点になっている作品をいくつか書き記してみたいと思います。


 まず、かなり好きなのは森田まさのり作品「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」とかですよ。 なんだか鳥肌立つんです、森田まさのりワールドって。感動というか。青春を感じるんですよね。さらに、 ろくでなしブルースとかは初期の頃なんかは1話完結のコメディーが面白くって、トイレで紙が無かったり、 それが他の場面と韻を踏んでいたりで、キャラクター設定がきちんと噛み合っていて、すごいテンポがいいんですよね。 ありきたり的なギャグがコマの書き方でものすごく面白くなっている、このギャグセンスは最高です。 漫画でここまで爆笑するのってなかなかないですから。
 爆笑といえば「アゴなしゲンとオレ物語」もテンポがいいですよね。絵も魅力的だし、え!?えぇぇー!? ?って先の読めないぐらいのここまで来るか〜ぃ!?って感じのギャグの面白さ。これも最高です。
 ギャグでいうと外せないのは「行け!稲中卓球部」これはもう言わずもがな。 みごとなギャグキャラによるもので、よくここまでネタ切れにならずにギャグ道を貫けたものだと感心に値する。 よく高校の授業中に隠し読みとか、電車の中で読んでいて、笑いこらえるのに必死になったものです。 現在のギャグ漫画の道しるべにもなった作品でしょう。
 最近たびたび読みきりなどで登場している「聖ヤンキー高校」(佐藤まさき)がとても気になります。 これなんかは もろ 稲中ギャグに影響を受けた作品といった感じ。稲中のギャグと奥浩哉っぽい絵が融合したような作品です。 両方の魅力のいいところを合わせたような感じですよね。そのパクッちゃってます的な部分までもネタにしているかのような「六出無三兄弟」 とか、ユニークなキャラクターとか最高です。稲中の作者である古谷実がギャグ漫画から遠ざかっているからには、 同じようなセンスの作品が台頭してくることを望むしかないですからね。今後に期待。連載で質が落ちなければいいんですが。 早く連載して欲しいです。
 あと、お気に入りの作品は奥浩哉「GANTZ」。 少年誌とか読んでいないので少年誌部門は分からないですが、これは現行の青年向け妄想型作品の最高峰ではないでしょうか。 脇的キャラクターも主役になっているかのごとくキャラクターがありますし。発想がすばらしい。準主役的脇キャラが、あれ?死んじゃった… とか、作品のコマの送り方が適当というか、つっこみたくなるものではありますが、それ以上に奥浩哉の画力に惹かれますし、 作品の発想自体がダントツとっても面白いですよ。自分もGANTZワールドに入りたいって人はたくさんいると思います。
 妄想型で行くと、荒木飛呂彦ワールドも欠かせない存在です。「ジョジョの奇妙な物語」。 現行で少年ジャンプを読んでいたときは少年誌には似付かわない作風で気にもとめなかった作品ですが、 改めて単行本で読み直して魅了されました。作品が壮大だし、何部作と進むに連れて、作風も絵も魅力的になってきて、 私自身大人になって初めて分かりました。最高です。歴史的な進展の中で、ディオ、ジョースター以外にも、 それぞれの作品でもっと役者が入り混じれば、さらにおもしろいのではと思うところはありますが。そんなことを期待させちゃうくらいに面白い。 スタンド能力とはまさに妄想型の最高峰。かめはめ波が(自分にもできるかも)とやってみた人は多いと思いますが、 スタンド能力が自分にもあれば…と思う人も数知れないと思います。どんなスタンド能力が欲しいか…なんて考えていると、夢は膨らむ一方です。 ちなみに私は「何でも一瞬に憶えられるスタンド」とか「未来を当てるスタンド」が欲しいですね(笑)
 井上雄彦「リアル」「バカボンド」もいいですよね。井上作品は絵がとても魅力的で、 話もしっかりとした設定。かつ、ところどころにオフレコ的なセリフとかが入っていて魅せてくれます。 リアルとかどう発展していくのか楽しみです。
 あと、「バキ」も毎週読んでいます。 これは画力に難ありといったところですが、漫画漫画しているのかと思えばそうでもなかったり、 現実世界的なのかといわれれば明らかに漫画であったり、その設定がおかしいんですが、そこに惹かれるんです。不思議なんですが。 花山とか勇次郎とか、ありえないんですが、そこが魅力的です。主人公のバキよりも脇のキャラクターの方が魅力があり、 そこに期待できるってところがまた漫画王道の一つのセオリーで、そこをばっちりやってのけている点、 この作品が面白いところでもあるんだと思います。
 最後に、浦沢直樹作品は王道ですね。「モンスター」はハリウッドで映画化が決まったとか。 「20世紀少年」も最高です。謎解き的ストーリー展開。展開が読めない。話が飛ぶ飛ぶ。 でも最後にはまとまる。絵にも魅力がありますし、謎解きなくせに予測を超えた展開 がズルイっていえばズルイんですが、 そこがまた読むものを魅了して止みません。

 とまぁ、こんな感じでいくつか上げてみました。
 日本の文化は漫画文化って言いますからね。ほとんどの日本人男性諸君は、小学生の頃は、 月曜日の週間少年ジャンプ発売日を毎週楽しみに過ごしてきたものと思います。そんな日本では、漫画はひとつの嗜好品であって、 それ以外にもTVであれ、小説であれ、日常の「毎週の楽しみ」といったものが、大人になると形を変えて「嗜好品」として、 みんなの頭の中の精神潤滑油的な位置付けになってくるもんなんでしょうか。

posted by きゃべたろう at 17:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

交渉人 真下正義

踊るシリーズ「交渉人 真下正義」
すごく面白いって話です。
 
 
早く観に行きたぁーーーーーい!!!!
 
 
 
実は私、根っからの踊る〜ファンです。
普段TVドラマとかは全然観ないんですが、これだけは初回から見逃さずに観ていました。あれは大学生のときですよ。何年前かなぁ。初回TV放送から虜になり、そしてもう現在にいたるまで「釘付け」にされっぱなしです。そーいえばまだTVシリーズ時に、よくお台場に行って、空き地のフェンス沿いを歩いたっけか。青島のタバコ真似してアメリカン・スピリット吸ってたっけか。

(懐かしい……)



そーいえば、真下、室井に続き、スピンオフ企画第3弾は誰になるんでしょうね。

一番面白くなりそうなのは、やっぱり雪乃さんですかね。
水野美紀さんは動ける女優ですからね。雪乃さんが動き回って活躍し、それを真下が遠隔サポートといった感じで「交渉人2」みたいな感じで。面白そうじゃないですか?


今までの流れで、
「踊るTHEMOVIE」が(青島)
「踊る2」が(すみれさん)
「交渉人」が(真下)
「容疑者」が(室井)

ときて、次。
「・・・」

やっぱり雪乃さんしかいないでしょう。

(青島に戻すにはやっぱり和久さんがいないとなぁと思いますし。)

posted by きゃべたろう at 23:58| Comment(1) | TrackBack(4) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

若者

資格学校に行っていると思うことがある。
自分の働いている職場が、こういう学校の入ったビルだと

 嫌だろうなぁ。

ということ。

利用している人数が普通の会社とは比べ物にならないくらい多いし、当然トイレは混むし、エレベーターも混むし、しかもかなり若者が多くて、モラルが無くトイレ詰まらすわ、ところかまわずたむろっているわ、ビルの入り口でも平気でポイ捨てだとか、、、、、、

ホント邪魔だと思ってんだろうなぁ。


モラルといえば、これ

「席を譲らなかった若者」by.らくだのひとりごと様

内容は
〜電車で座っている若者に対して、ハイキング帰りの中高齢者があからさまに聞こえるように嫌味を言っている。それに対して若者が物申す。〜


多種多様なコメントが寄せられていて、色々な考えがあるるんだなぁと思うところだが、私としては、若者賛成派。

本来だと、お年寄りや具合が悪そうな人に席を譲るのは当然のモラル。モラルというのは「守るべきもの」であってつまりそれは当然の義務であると思う。私自身、ご老人には席を譲るよう心がけているし、寝ていない限りはそうしている。

ただこのケースだと、あきらかにこの中高齢者の方がモラルが無い。さらにモラルの捉え方を履き違っている。

人の目の前でズケズケと嫌味を言うんじゃなくて、直接言ってほしいものだ。

自分たちが遊んできましたっていう風貌で、実際足腰健常で(見た目じゃわからないかもしれないが)、譲ってもらうほどの年でもない。
おそらく、そういう非があって、直接言えないんだろう。



わがまま言っている子ども連れ、家族連れ とか 色々嫌味とか言ってくるジジババ、あからさまに駆け込み乗車してきたハイキング帰りのジジババ集団 などには絶対に譲りたくないものだ。(辛そうだったりしたら別だけど)

私は以前立ち仕事していたし、電車乗るときは大体1時間以上は乗ってるから、やはり座りたい。
「こっちは座るために1本乗り過ごしてまでしてるんだぞ!」って感じです。



基本的に元気印もしくは健常者には無理して席を譲ることはないでしょ。




にしても、最近の電車はほんとモラルが悪い。

私は電車にはあまり向いていないらしく、けっこう揉めることが多い。

わざと人の頭の上の手すりにつかまられたり、肘で突付かれたり、カバンで押されたり・・・

たいていサラリーマン相手にやられます。

みなさんもそういう経験はありませんか?みなさんが、もしそういう場面に遭遇したら、どう回避しますかね。

もし、もしもですよ。困ってしまったら・・・・その時はこう言ってやりましょう。


たとえば

◆もし2人分の席をドカっと占領しているオバタリアンがいたら

デブジャナイヨー。フッタリブンスワルナヨー。

ヨン様ばりの笑顔で凄んでみましょう。「アニョハセヨ」と言って喜んで席を詰めてくれるでしょう。


◆座っていて前の座席からデルタゾーンを覗いてくるスケベ芋には

どこみてんのよー!と青木さやかのように胸を隠して大股開いて言ってやりましょう。むしろ喜んでくれるはずです。


◆肘でグリグリしてくる暴力リーマンとかには

イタイイタイイタタタ!

と 横山弁護士風 に言ってみましょう。首にコルセット巻いて、裁判で勝てるでしょう。


◆車内で平気で携帯で話す奴。集団で騒いでる人たちには

はぁーいそこ、しずかにしてくださぁーい

武田鉄矢風に説教してみましょう。土手で胴上げされるかも。


◆クシで髪を梳かすアホ女や、子どもが座って外を見ているときに靴脱がさない親には

汚れるじゃないかー、ん〜訴えてやるぅ!

と、裸(ブリーフ1枚)になってダチョウの竜ちゃん の真似をしてみましょう。逃げていくから。でも、あなたもすぐに逃げてくださいね。捕まりますから



とこんな感じで上手く回避してくださいね。

※ただ、くれぐれもご自身の責任で。



エェー、コホンッ!(;-o-)o"


最後の方で、なんだか、こんなふざけた展開になってしまいました。

すいません。。。
posted by きゃべたろう at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

温泉

前に温泉に行った時のお話。
 
 
たしか時期は12月ごろか。彼女と2人で仲良く温泉。

降りしきる雪の中、目指すは群馬の宝川温泉

電車で最寄駅まで行き、そこからバスで山奥へ。さらにバス停から送迎のバスに乗って。

昼過ぎに、やっとの思いで着きました。
 
 
 
 
実はこの温泉は混浴
 
 
 
 
とっても広くて有名なところで、混浴の露天風呂が川をはさんで何個もあるところ。

しかも一つ一つが大きい。露天風呂が渓流をはさんで両サイドにあるので、まるでひとつの温泉郷です。

彼女も広ければそんなに気にならないだろうし、いざとなれば女性専用露天風呂もあるのでと行ってみることにしたんです。
 
 
  
 
浴衣に着替え、下駄履いて、カランコロンと露天風呂まで歩いていくわけですが、他に来ている人たちはカップルとか、家族連れ、老夫婦。

周りの山々は真っ白な雪景色に囲まれ、温泉の湯気が立ち込める。
 
最高じゃないですかぁー!!  
 
 
雪景色に露天風呂、しかも混浴(@_@)
 
 
本当に情緒あふれるよい所です。
 
 
私は基本的に「カラスの行水」で、長湯はしない(できない)んですが、ここではとても長い時間入っていられました。
 
 
 
 
 
その夜、私たちは食事を済ませ、再度温泉につかることに。
 
外は夜で気温が下がり、足元はツルツルです。気をつけなければなりません。
 
 
このときはまだ、この後起こる出来事など予想だにしておりませんでした。
 
 
 
 
 
ゴゴゴ・・・ (ジョジョ風)
 
 
 
 
 
露天風呂まで来てみると、夜は夜でまた違った感じ。ライトアップされていてとってもキレイです。

私たちは何個かあるお風呂のうちどこに入ろうか迷っていました。橋を渡って向こう側か、歩いてきて手前側のお風呂か。

この時間帯になると客層が変わったようで手前側のお風呂は、若いカップルもしっぽり浸かっていますが、それ以外に大学生のような若い連中も結構いてちょっとうるさそうです。

川向こうのお風呂では、慰安旅行なのか何なのか知らないが宴会あがりのおっさん達のグループが子供のようにはしゃいでいました。いい感じにできあがっているんでしょうか、ほんとアホのようにキャッキャキャッキャとさわいでます。

これはマジうるさそうです。


そんなわけで、彼女と2人、手前側のお風呂の前でどっちにしようか迷っていました。
 
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・ 


ちょうどそのとき
 
  
 
 
 
 
なんと!
 
川向こうにいたおっさん達が、我先にとこっちに向かって駆けて来るではないか!!

 
 
 
―――――――!しかも フルチンで!!


 
 
ゴゴゴ・・・・


ブルンブルン・・・・

 
 

雪の降りしきる中、凍る地面を、橋の上を走って来るではないですか!フルティンで!!

フルチンです。ふりちんです。フリーちんちんです。

 
 
まさに振ってます。集団で。 揺れています。イチモツが。
 
 

すべる地面を踏み締めながら、「俺のほうが先だぜ」と競争している姿は、80年代アイドルの運動会を思い出させました。
 
バックミュージックでアイドルが歌っていそうでした。
 
「まさに揺れてますぅ、イチモツがー♪」
 
 
 
 
彼女と2人で一瞬たじろぎましたが、避けようにも避ける場所が無いので、ちょうどカーブのところで立ち止まって観戦していました。


2人で拍手しながら。
 
 

外は雪が降り、地面は凍りついています。足元はツルツルです。
みんなツルツル滑りながらもがんばっています。

 
頑張っているなら、応援してあげなければいけません。

あったら日の丸を振ってあげたい感じです。
 
 
そんな中、私たちの横を先頭を切って駆け抜けたおっさんが言いました。
 
「おっ、ギャラリーが入るぞ。」
 
それにのって笑顔で手を振り駆け抜けていくおっさんもいました。
 
・・・・・・・・明らかに調子こいてます。
 
 
フリチンだけに飽き足らず手まで振ってます。

 
 
それだけでなく、カーブのところにいた私たちの目の前では、多くの人たちが――スッテンコロリン――転んでいました。
 
1人で転ぶ者もいれば、2,3人束になって組んず解れつ倒れゆく者も。

生まれたままの姿を惜しげも無く晒す勇者たち。
 
 

これこそまさにフリーちんちん ならぬ フリー肛門!!

 
 
 
否!! 水戸黄門 なり!!! 
 

 
 
この紋所が目に入らぬかぁー!!!    
 
 
 
 
 
そんな勇敢な姿を見せながら、彼らは嵐のようにやってきて、また嵐のように去っていきました。


ちなみに、その後の私たち2人はゆっくり温泉を堪能しました。
posted by きゃべたろう at 19:37| Comment(1) | TrackBack(1) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

小説

たまに小説を読む。
いつも読んでるというわけではなく、気が向いたときに。自分的には早いストーリー展開の小説が好きで、さらに言うなら「非現実的だが有り得る」もしくは「完全なるホラー」のような内容がいい。心酔できる。
たとえるなら村上龍の「インザミソスープ」とかホラーの「リング」とか。

「ゆっくり読もうと思っていても、早いストーリー展開に次へ次へとページをめくってしまう」
そんな感じの吸い込まれるような物語が好きである。


で、今回読んだのは
伊坂 幸太郎: ラッシュライフ

これはすごい。
頭の中がパズルになるような、映画パルプフィクションやスナッチを見たときのような感覚。人生の交差していく様が描かれていき、読んでいると途中で騙されていたことに気が付く。最後まで気が抜けないというわけではないが、次の読めない展開に、最後まで読みつづけてしまう感じ。


あと、これは以前に読んだものだがお勧め。

西村 健(ニシムラ ケン)の豪傑シリーズ
BINGO 突破(BREAK) 脱出(GETAWAY)

これはもうすごいジェットコースター系で、読んでいるとウハウハがとまらないですよ。ほんと。
映画で言うとスピードとかダイハードみたいな感じ。
それぞれの作品は全く別のストーリーなのだが、微妙に前回の登場人物が顔を出したりするところがまたたまらない。
「突破」に関しては今ひとつではあるが、「ビンゴ」「脱出」は最高におもしろい。B級感はあるもののそれを打ち消すような展開と痛快さに思わず惹かれてしまった。
これが完全にシリーズものとして、新たな作品(豪傑)が登場したり、主人公たちがコラボレーションしていくとたまらないだろうなぁ。
posted by きゃべたろう at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリエンタルラジオ

20050502225435

「♪武勇伝♪武勇伝、ぶゆうでんでんででんでん ペケポン」

「あっちゃんかっこいー♪」

う〜ん、このメロディが頭から離れない。

オリエンタルラジオ
東京NSC現役生(10期生)なのにもかかわらず、2004年M-1グランプリ準決勝まで進んだかなり注目の若手芸人さんらしいです。テレビを見ていたら偶々出ていたんですが、とっても面白いし、オシャレな感じで好感が持てる。笑い飯の電話のコントを初めて見たとき以来に衝撃的だった。ピンとくるものがあるので、おそらくこれから大ブレークでしょう。

しかもメガネ君のほうは明大。なんと、後輩ではないか。これは頑張ってもらいたいものだ。
posted by きゃべたろう at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

24

いやぁ始まりましたねぇ。24twentyfour。
そういえば以前Season??を見たとき、みごとにハマッタ。多少のしつこいぞ感はあったが、それでも次を見ずにはいられない!早く続きを見せてくれ??!!って感じで。時間ちょうどのところで必ず山場があるから、「え?え?どーなっちゃうんだよぉ!どう展開していくんだぁ??!?」って、ついつい見続けちゃう。タチの悪いドラマだ。しかも一週間くらいの間に深夜集中で1晩3話はないっしょ。ビデオ録画して溜め込んで一気に見るしかないな。
でもまぁ、24ってのは続けて見るのが面白いから、それが正解だと思う。X‐FILEの時みたいに毎週1話ってのじゃ確かにつまらなく思えるだろうな。

にしても、ジャックバウアー役のキーファーサザーランド。ずいぶん前からよく映画で見掛ける。「あ、あの人、ほかの作品で見たことある」って。脇役なのに主役級に目立っちゃうイマイチ脇役だったのに。あらまぁ。24で大ブレイク。すごいね。24のジャックはダイハードのマクレーンみたいにかっこいいよ。

24s.jpg
posted by きゃべたろう at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

ゴマドレ

彼女曰く、キューピーの深入り胡麻ドレッシングが美味しいらしい。
和幸というとんかつ屋チェーンに行くと、キャベツ、ご飯、味噌汁のおかわりが自由なんだが、彼女はキャベツを3、4回、調子がよければ5回もおかわりしちゃう。
そんなキャベツ娘が大絶賛しているとはいかほどに!
彼女がこのドレッシングをかけたら、あまりに美味しくて、レタスをまるごと一つ食べてしまったという。

そ、そんなにまでかぁ!

俺はそこまでは食えんが、まぁぜひ味わってみよう。
posted by きゃべたろう at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

格闘技

昨日K−1を久しぶりに見た。うぅんいまいち燃えないなぁ。煮え切らない。
曙とかサップ(今回は出てなかったけど)がいるから幅広い年齢層に受け入れられるだろうけど、やっぱイマイチだね。PRIDEとかに比べて迫力に欠ける気がする。エンターテイメント的にもWWEには勝てないし。
フグとかいた頃は、唯一メジャーな格闘技ってことで人気もあったけど。

フグがいた頃といえば、あぁ、あのころは大学1年生だったっけなぁ…なつかしい。そーいえば、大学のクラスにK−1か空手の話しかしてこない奴がいた。K−1に魅せられたらしく大学生になってから空手を始めたというマニア。石川君。最初はみんながクラスに溶け込む為に話してたけれど、だんだんウザがられ、5月にはみんなにハブにされた石川君。彼はいま何をしてるのだろうか。彼はまだK−1大好きなんだろうか。

でもK-1、キッドは大好きなのだ。マサト、小比類巻(漢字あってるかなぁ^^;)とか、ミドル級は面白いよね。K-1マックスだっけか?
posted by きゃべたろう at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。