2005年05月04日

小説

たまに小説を読む。
いつも読んでるというわけではなく、気が向いたときに。自分的には早いストーリー展開の小説が好きで、さらに言うなら「非現実的だが有り得る」もしくは「完全なるホラー」のような内容がいい。心酔できる。
たとえるなら村上龍の「インザミソスープ」とかホラーの「リング」とか。

「ゆっくり読もうと思っていても、早いストーリー展開に次へ次へとページをめくってしまう」
そんな感じの吸い込まれるような物語が好きである。


で、今回読んだのは
伊坂 幸太郎: ラッシュライフ

これはすごい。
頭の中がパズルになるような、映画パルプフィクションやスナッチを見たときのような感覚。人生の交差していく様が描かれていき、読んでいると途中で騙されていたことに気が付く。最後まで気が抜けないというわけではないが、次の読めない展開に、最後まで読みつづけてしまう感じ。


あと、これは以前に読んだものだがお勧め。

西村 健(ニシムラ ケン)の豪傑シリーズ
BINGO 突破(BREAK) 脱出(GETAWAY)

これはもうすごいジェットコースター系で、読んでいるとウハウハがとまらないですよ。ほんと。
映画で言うとスピードとかダイハードみたいな感じ。
それぞれの作品は全く別のストーリーなのだが、微妙に前回の登場人物が顔を出したりするところがまたたまらない。
「突破」に関しては今ひとつではあるが、「ビンゴ」「脱出」は最高におもしろい。B級感はあるもののそれを打ち消すような展開と痛快さに思わず惹かれてしまった。
これが完全にシリーズものとして、新たな作品(豪傑)が登場したり、主人公たちがコラボレーションしていくとたまらないだろうなぁ。
posted by きゃべたろう at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。